税理士がいなくて不便だと思うのはどんな時ですか?

税理士がいなくて不便だと思うのはどんな時ですか?

回答

確定申告(50~54歳/自由業)
税金の計算などが面倒。(20~24歳/自営業)
どれが経費かわからなくなるとき。(40~44歳/自由業)
相続の相談など(55~59歳/自営業)
仕訳や節税方法(50~54歳/自由業)
経理上の仕分け(50~54歳/自営業)
税務調査の時(40~44歳/自営業)
相続、不動産売買(65~69歳/自営業)
毎年の申告時(35~39歳/自営業)
簿記の知識がないので、経理関係には全て不便が付きまといます。(65~69歳/自営業)
国税庁タックスアンサーでは答えの出ない事柄にあったとき(40~44歳/自由業)
いつも(45~49歳/自営業)
何か聞きたいとき(40~44歳/自営業)
じかがかかる(55~59歳/自営業)
税金の詳細(30~34歳/自営業)
固定資産の取り扱いが出来たとき(60~64歳/自営業)
確定申告を自分でする時(35~39歳/自営業)
申告の時期(45~49歳/自営業)
税務内容が変更になったとき(45~49歳/自営業)
経費の科目分類(60~64歳/自営業)
毎年毎年、税務書類の作成を一人でやらなければならないとき。特に独立して初めての年はえらく苦労した。(25~29歳/自由業)
不動産にかんすること(70~74歳/自営業)
消費税の処理(40~44歳/自営業)
税務署が雇えとうるさいことです。(45~49歳/自営業)
税務処理で困ったとき(65~69歳/自営業)
税務相談(70~74歳/自由業)
経費のやりくり(40~44歳/自由業)
書類とか分からない時(40~44歳/自由業)
節税対策がわからない(55~59歳/自営業)
貸借対照表や損益計算書の作成に困っています。(50~54歳/自営業)
細かいところ(45~49歳/自営業)
確定申告時のこまかな処理(35~39歳/自営業)
どこまでが経費でまかなえるのか(50~54歳/自由業)
経費の分類が分かりにくい。(60~64歳/自営業)
計算が分かりにくい(55~59歳/自営業)

PAGE TOP