二つに大分類できる生命保険

生命保険には「貯蓄系」「掛け捨て系」がある。貯蓄系と言っても、保険には病気
になったり、死亡した場合のリスク軽減機能が大きいため、解約すると元本割れする。
貯蓄商品と掛け捨て商品
しくみが複雑に思われがちな保険商品ですが、非常に大雑把に分類してみると、案外単純です。ぜひ、これを機会に整理してみましょう。
・貯蓄系……養老保険、終身保険、年金保険
・掛け捨て系……定期保険、逓減定期保険、医療保険
・貯蓄と掛け捨ての中間……長期平準定期保険、逓増定期保険
どの商品にも、死亡なり病気なりのリスクに対する備えである保険部分がつねに内在していますから、預貯金と違い、貯蓄系商品といっても、契約してすぐ解約すると元本割れします。
たとえば、1万円の保険料を払って、一カ月以内に解約しました。貯蓄系商品であっても解約金は、ほとんどありません。でも、考えてみてください。もし一カ月以内に死亡したとしたら、たとえば3000万円の保険金が下りたわけです。そう考えれば、預貯金と違って元本割れも仕方がありませんよね?
そういうわけで保険でいう貯蓄商品は、短期で見ると元本割れの可能性もあります。貯蓄と言っても、長い期間での話しです。たとえば、保険期間が
10年の養老保険であれば、その10年が経って、支払いが終了したときに、支払い総額の合計と満期保険金(生きていてもらえる金額)が、ほぼトントンプラスアルファーという感じなのです。
こういった保険の基本的な性質に加え、法人が契約者となる場合は、支払い保険料の経理処理が問題となります。個人では、年間保険料が10万円以上で生命保険料控除があるというだけですが、法人の場合、保険の種類によって支払い保険料の一部または全額が経費になります。
一般的に貯蓄性が高い保険の保険料は資産計上され、経費にならないなど、法人での契約は、個人での契約とは別の視点も必要になります。保険商品のそもそもの性質に加え、保険種類ごとに経理処理はどうなるのかということの双方を、バランスよく検討しましょう。

おススメ会社設立セット

  1. 店舗販売最安レベル9,800円!会社設立印鑑3点セット(柘植)

    ※通信販売は行っておりません。
  2. 会社設立ブランディングセット

    せっかく開業した貴方の法人、告知やご案内は、終了していますか??「会社設立ブラン...
  3. 会社設立センター・起業家応援パック

    会社設立・起業家応援パック(司法書士+税理士)まとめて頼む=とってもお得な起業家応援パッ...