大いに活用したい生命保険

加入メリット~企業防衛対策に利用できる

企業が生命保険を利用する目的には、さまざまなものがあります。一般的には、社長に 万が一のことがあった際の企業防衛対策が、基本になります。社長に病気や不慮の事故な どが起こった場合、経済的損失は多大なものになります。事業の存続にかかわるケースも 多く、あらかじめ対策をしておくことが重要になります。社員や家族が路頭に迷わないよ うに、保険を活用し、必要保障額を確保します。 ですから、借入金が多く資金繰りが厳しい企業こそ、保障が必要とも言えます。保険を 解約して資金繰りにあてる経営者の方もいますが、リストラにも優先順位があります。 必要保障額の考え方については後述しますが、借入金と必要運転資金の合計額に生命保険金にかかる税金を逆算した金額が最低限の必要保障額になります。一般的にはこれに社 長の遺族保障を目的に、役員退職慰労金額を加算して必要保障額を算定します。
加入メリット~役員の退職慰労金準備や従業員の福利厚生に利用できる

次に、役員の退職慰労金準備や従業員の福利厚生目的の加入があります。具体的には役 員や従業員が在職中に死亡した場合には、死亡保険金を原資として退職金や弔慰金を遺族 に支払うことができます。 また、役員や従業員が定年退職などで退職した場合には、満期保険金や解約返戻金を退 職金の原資とすることができます。生命保険を活用する利点としては、死亡退職と生前退 職の両方に対応できる点があげられます。
加入メリット~会社の費用として計上すれば節税策として利用できる

節税目的でも生命保険は活用されます。詳細は後述しますが、保険料の全部、または一 部を会社の費用として税金を圧縮しながら、将来の満期や解約時には一定の満期(または 解約)保険金を受け取ることができます。ただし、節税目的だけの保険加入は結果として、ただの利益の繰り延べで終わってしま う場合も多く、オススメできません。一方で、企業業績が良いときに何の対策もしない企 業は、景気悪化時の体力が弱いことも事実です。 企業業績が良いときに不良資産(含み損のある不動産やゴルフ会員権など)の処分や、 不良債権や不良在庫の処理を行い、財務体質を強化しながら、適切な企業防衛計画や役員 退職金、従業員福利厚生制度の導入のための生命保険に加入していくことで、不況に強い 会社を作ることができます。 今年は100年に1度と言われる金融・経済危機に直面していますが、業績が良いとき に適切な対策を行なっていた企業は、優良資産や生命保険という含み資産を持っています ので、たとえば、生命保険契約の一部を解約し、雑収入を計上することにより赤字を回避 し、金融機関や得意先への信用低下に対応し、入ってくる解約返戻金資金を資金繰りにあ てて危機対策を行うような対応が可能になるわけです。 経営の舵取りに良きアドバイザーを活用することが重要でしょう。

おススメ会社設立セット

  1. 店舗販売最安レベル9,800円!会社設立印鑑3点セット(柘植)

    代表印以外も必要でしょうか? 契約書にはどの印を押すの? 一般財団法人の印鑑...
  2. 会社設立ブランディングセット

    せっかく開業した貴方の法人、告知やご案内は、終了していますか??「会社設立ブラン...
  3. 会社設立センター・起業家応援パック

    会社設立・起業家応援パック(司法書士+税理士)まとめて頼む=とってもお得な起業家応援パッ...
PAGE TOP