役員社宅の賃料はいくらにすればいいのか? | 「税金経営」の時代

会社所有物件を社宅に使うときの賃料は、床面積等でその金額が違ってきます。豪華社宅の場合を除くと、物件の床面積が 132平米(マンションは99平米)以下の場合と床面積が 132平米(同99平米)超の場合では、賃料が違ってきます。
会社所有の物件を役員社宅として使う場合、税務上取るべき賃料が定められています。役員からの実際の賃料が税務上決められた賃料未満(無償も含めて)の場合、不足額はその役員に対する経済的な利益の提供とされて、その役員に対する給与として課税されることになります。役員から賃料をあえてとらず無償とすることで、役員に対する給与として課税されることで、役員個人としての資金負担を最小限に抑えることもできます。

会社所有の役員社宅の賃料は床面積で決める

会社所有の役員社宅の賃料について税務上、次のように決められています。

1.豪華社宅の場合

豪華社宅とは床面積240平米を超えるもので、その内装等が豪華なもの又は240平米以下でもプール等の特別な設備をもつ物件という取り扱いはあるのですが、具体的に何が豪華なのかよくわかりません。床面積240平米という基準だけであればよくあるようにも思いますが、加えて豪華な設備となると、実務的にその判定はむずかしいと思われます。豪華社宅に該当した場合、通常の家賃相場の賃料を設定することになります。

2.物件の床面積が132平米(木造以外のマンションなどは 平米)以下の場合

次の合計金額の50%以上の賃料を設定します。

その年度の家屋の固定資産税課税標準額×0・2%

その家屋の床面積×12円

その年度の敷地の固定資産税課税標準額×0・22%

今、お住まいの物件の床面積が132平米(マンションは99平米)以下の方は一度、この算式を使って、もし社宅としたらどのくらいの家賃になるか計算してみてください。思いのほか安く、おそらく月1万円以下になるのではないかと思います。

3.1.および2.以外の物件の場合(豪華社宅でもなく床面積132平米〈木造以外のマンションなどは99平米〉超)

次の算式により賃料を設定します。(●+▲)÷12
●その年度の家屋の固定資産税課税標準額×12%(マンションは10%)
▲その年度の敷地の固定資産税の課税標準額×6%

2と3を比較すると、固定資産課税標準額に対して家屋については10倍、敷地については約5倍の設定がされますので、床面積が132平米(又は 平米)以下か超かにより大きく賃料が違ってきます。2.の場合を1万円程度の家賃とすると、3.の場合はおそらく10万円程度の家賃になります。
これらの区分に応じた賃料の授受を行なっていれば、税務上問題になることはありませんが、実際の賃料が算式で計算した金額に満たないような場合、給与として課税されることになるので、定期的に賃料の見直しを行いましょう。

おススメ会社設立セット

  1. 店舗販売最安レベル9,800円!会社設立印鑑3点セット(柘植)

    代表印以外も必要でしょうか? 契約書にはどの印を押すの? 一般財団法人の印鑑...
  2. 会社設立ブランディングセット

    せっかく開業した貴方の法人、告知やご案内は、終了していますか??「会社設立ブラン...
  3. 会社設立センター・起業家応援パック

    会社設立・起業家応援パック(司法書士+税理士)まとめて頼む=とってもお得な起業家応援パッ...
PAGE TOP