1. HOME
  2. ブログ
  3. その他のお役立ちコンテンツ
  4. 太陽光発電Q&A
  5. Q5 太陽光発電の補助金制度

Q5 太陽光発電の補助金制度

小冊子 太陽光発電Q&A

東日本大震災から更に注目を浴びている「新しいエネルギー」太陽光発電を、税務上・会計上の事項を中心としたそのメリットやデメリット、導入に関する費用及び固定価格買取制度などの疑問・質問にお答えしました!プロの税理士の手によるわかり易い解説もぜひ参考にしてください!

(お買い求めはコチラから)

Q5 太陽光発電の補助金制度

太陽光発電の設置に関して補助金制度はありますか?

補助金は大きく分けて国による補助金と地方公共団体による補助金とがあります。ただし国による補助金制度は、現状は全量買取を対象としておらず、余剰買取のみを対象としております。また、地方公共団体による補助金制度はすでに締め切られている地域、制度自体がない地域等ありますので、設置を予定している地域の地方公共団体に確認する必要があります。

<国による補助金制度の場合>

申し込み資格 以下の4点を満たすこと
①住居(事務所・店舗等との兼用可)として使用する建物に、新たに太陽光発電システムを設置する個人又は法人
②対象の太陽光発電システムの購入者
③電灯契約をしている契約者本人
④事業を営まない個人はC02排出削減事業に参加すること
対象の太陽光発電システム 以下の3点を満たすもの
①余剰買取のもの
②太陽電池モジュルの公称最大出力合計値、またはパワコンディショナの定格出力合計値のいずれかが、10kW未満であること
③価格が50万円/kW以下のもの(平成25年実施の場合)
※太陽光発電普及拡大センタ のホムペジで確認できます
補助金の金額 システム単価が41万円/kW以下の場合 20,000円/kW
41万円超50万円/kWの場合 15,000円/kW
申請手続き 大別して2つの手続きが必要となります。
①太陽光発電システム設置後に交付申請に必要な書類を太陽光発電普及拡大センタ に郵送
②太陽光発電システムの設置前に申し込みに必要な書類を用意し、太陽光発電普及拡大センタ に郵送
※必要書類は複雑なため設置業者等の代理人に依頼することをお勧めします。