1. HOME
  2. ブログ
  3. その他のお役立ちコンテンツ
  4. 同族会社のための生命保険
  5. 定期保険(保険期間が短いもの)

会サポ!

163,000円で会社設立

定期保険(保険期間が短いもの)

掛け捨て保険の総称。満期までの期間は、契約する保険によってさまざま。掛け金
は割安だが、満期日の翌日に死亡すれば一銭も保険金は出ない。

種類も多く、これぞ掛け捨て保険の代表定期保険と名のつく保険には、必ず満期があります。満期までの期間は短いもので1年、長いもので100歳までと、相当幅がありますが、とにかく必ず満期が来て、その満期日をもって保険は終了します。もし、満期日の翌日に死亡しても一銭も保険金は出ません。
たとえ5億円の保険だろうと、翌日はゼロです。当然、それまで支払った保険料はまったく戻ってきません。その意味で掛け捨てであり、ハイリスク・ハイリターンです。
保険期間の短いものは、その短い期間しか保障していないので、保険料は安く、保険期
間が長くなればなるほど、保険料は高くなります。さてこの定期保険、保険期間が非常に長いタイプは「長期平準定期保険」と呼んで、通常の保険期間の短い「定期保険」と区別しています。税務上の取り扱いも、保険の目的も違ってきます。

005

特 徴
・保険金額は一定 ・保険料も一定 ・掛け捨て
保険期間が短い方が安くなる

それは当たり前。5年の保険期間なら、5年しか保障しないから。
● 解約金はごくごく少しか、もしくはない。
● 保険期間が終了すると更新になり、更新すると、更新時の年齢で計算されるので、保険料はアップする。
● 最長80歳まで更新可能。

関連記事