1. HOME
  2. ブログ
  3. その他のお役立ちコンテンツ
  4. 同族会社のための生命保険
  5. 借入金対策なら「定期」より「逓減定期」保険を選ぼう

会サポ!

163,000円で会社設立

借入金対策なら「定期」より「逓減定期」保険を選ぼう

借入金の保障なら必要額だけ保障する保険で十分

借入金相当額の保障は、どうしても必要不可欠です。多くの場合、社長もさすがに不安 に駆られ、借入金相当額分の保障に加入しているようです。 この場合、借り入れ金額が当初5000万円なら、5000万円の保険金で契約してい ます。保険期間はおおむね借入期間に合わせ、同年なら同年で設定しているでしょう。保 険の種類は、掛け捨てタイプのはずです。 さて、ぜひ確認していただきたいのは、保険の種類です。 あなたの保険は、定期保険ですか?逓減定期保険ですか? 借入れ金は年々返済しますから、それに合わせ、保険金額が減額していくしくみの逓減定期保険にすべきです。なぜなら、どっちみちこの保険は掛け捨てです。 貯蓄機能がある保険種類であれば、少々保険料が高くても、その高い金額がいずれは退 職金なりになるので、高くてもムダにはなりません。 ところが、掛捨て保険の場合、高いだけ、ただ単に損です。あえて言うと、死亡する以 外は損です(不謹慎でスミマセン)。 借入れ金への保障として入っている保険契約は、ぜひ、合理的に必要額だけ保障する逓 減定期保険に切り替えて、保険料を安くしましょう。 その安くなった保険料で、同じ保険でも将来の退職金にもなるタイプの保険を準備する など工夫した方が、後々ずっと助かるはずです。 また、現実的に非常に多く目にするのが、どう考えてもかけすぎのパターンです。掛け 捨ての死んでなんぼの保険ばかりに次々と入っているのです。 まさか?と思われるでしょうが、念のためご自分の保険内容をチェックしてみてください。

関連記事