1. HOME
  2. ブログ
  3. その他のお役立ちコンテンツ
  4. 太陽光発電Q&A
  5. Q3 太陽光発電が多く選ばれている理由

Q3 太陽光発電が多く選ばれている理由

小冊子 太陽光発電Q&A

東日本大震災から更に注目を浴びている「新しいエネルギー」太陽光発電を、税務上・会計上の事項を中心としたそのメリットやデメリット、導入に関する費用及び固定価格買取制度などの疑問・質問にお答えしました!プロの税理士の手によるわかり易い解説もぜひ参考にしてください!

(お買い求めはコチラから)

Q3 太陽光発電が多く選ばれている理由

再生可能エネルギの中で太陽光発電が多く選ばれている理由は何ですか?
メリット・デメリットがあれば教えてください。

風力・中小水力・地熱・バイオマス・波カ等さまざまな再生可能エネルギーがある中で太陽光発電に多くの注目が集まる理由については主に次のものが挙げられます。

[設置可能場所の多さ]
風力や地熱は発電ができる地域が全国的にも限られていますが、太陽光発電は太陽光があれば発電が可能なことから設置可能場所が多くあります。

[設置規模の柔軟性]
設置する場所や地域によって導入するシステムの規模を調整することが容易です。

[メリット]
-太陽が出ていれば発電が行われるため、長期に渡って安定的な発電を行うことが可能です。また発電時に二酸化炭素や窒素酸化物等の大気汚染物質を排出しません。
-設備の規模に関わらず発電効率が一定のため、設置場所や予算に合わせてシステムを導入できます。
-目立運転が可能なシステムの場合には、停電時にも昼間の太陽が出ている時間帯においては発電が行われるため、災害時の非常用電源としても役立ちます。また、蓄電池と組み合わせることにより、夜間でも昼間に発電して、貯めておいた電気を使用することが可能になります。
-企業のブランドイメージの向上や広告宣伝効果が、見込まれます。

[デメリット]
-太陽が出ていない夜間については全く発電ができません。
-昼間においても天気や日射量、地域によっても発電量が大きく変動します。
-再生可能エネルギーの中では、設備設置コストが高く、工ネルギーの変換効率も悪くなります。