1. HOME
  2. ブログ
  3. その他のお役立ちコンテンツ
  4. 太陽光発電Q&A
  5. Q6 税額控除の対象となる中小企業者

Q6 税額控除の対象となる中小企業者

小冊子 太陽光発電Q&A

東日本大震災から更に注目を浴びている「新しいエネルギー」太陽光発電を、税務上・会計上の事項を中心としたそのメリットやデメリット、導入に関する費用及び固定価格買取制度などの疑問・質問にお答えしました!プロの税理士の手によるわかり易い解説もぜひ参考にしてください!

(お買い求めはコチラから)

Q6 税額控除の対象となる中小企業者

税額控除の対象となる中小企業者とはどのような会社をいいますか?

中小企業者とは、以下の法人をいいます。

○資本金の額又は出資金の額が1億円以下の法人
ただし、同一の大規模法人(資本金の額若しくは出資金の額が1億円を超える法人又は資本若しくは出資を有しない法人のうち常時使用する従業員の数が1,000人を超える法人をいい、中小企業投資育成株式会社を除きます。以下同じ。)に発行済み株式又は出資の総数又は総額の2分の1以上を所有されている法人及び2以上の大規模法人に発行済み株式又は出資の総数又は総額の3分の2以上を所有されている法人を除きます。

○資本金又は出資金を有しない法人のうち常時使用する従業員の数が1,000人以下の法人

○常時使用する従業員の数が1,000人以下の個人事業者
※なお、中小企業者であるかどうかは、対象減価償却資産を事業の用に供した日の現況によって判定します。
(租税特別措置法42条の4、租税特別措置法施行令27条の4)