1. HOME
  2. 会サポ!
  3. マリオ教授の起業ゼミナール
  4. みんなの起業ものがたり
  5. 美味しいのは当たり前?宣伝方法も大事なポイント

美味しいのは当たり前?宣伝方法も大事なポイント

マリオ教授
マリオ教授

今回は広告で他店と差別化を図ったカフェオーナーのお話だ

あ~、カフェってかわいい子とかイケメン君に人気のお仕事ですよね~

さとし君
さとし君

お客さんの反応が生で感じられるから、すごいやりがいのある仕事だわ。

アンナ先輩
アンナ先輩
マリオ教授
マリオ教授
でも単に「好き」って気持ちだけじゃお店の経営はうまくいかないんだ。
今回の記事はカフェだけでなくどのお店を開く人にも参考になると思うよ。
この記事を読んで分かること
  • カフェを開くにあたって広告は非常に重要
  • SNS、ブログ、地域情報誌あたりが広告を載せるにあたって効果的
  • 盛り付けなどインスタ映えするものを作るのも意外と重要
マリオ教授
マリオ教授

それでは、インタビューに協力してくれたShuさん、簡単に自己紹介をお願いします。

Shuです。
学生の頃カフェのバイトを通してその楽しさを知って、今では自分でカフェを経営しています。

ゲスト
ゲスト
プロフィール

僕がカフェの経営を考えたのは大学生の時です。
バイトを通してその楽しさを知って社会人になってからも地道にお金を貯めて、比較的スムーズにカフェを開業することができました。

~「宣伝」が何よりも重要~

学生の頃、カフェでバイトをしたのがきっかけで、いつかは自分のオシャレなカフェを開きたいという夢が出来ました。
そのため、社会人になってからの休日は、ほとんど色々なカフェに通うカフェ巡りをしていました。カフェを開店するという夢が叶うまでは比較的順調でしたが、開店当初は興味半分で来店してくれるお客様がいたものの、それが続くわけではなかったのです。
ほかのお店には負けないように味を研究し、ドリンクやランチに力を入れていたので味には自信があったのですが、それはどこの飲食店でも力を入れている部分なので、美味しいのは当たり前だと気が付きました。お客様に来店していただくためには、味だけでなくほかの部分にも力を入れなければいけません。

それは「宣伝」です。

マリオ教授
マリオ教授
たしかに都心だとカフェは星の数ほどあるからね。

~まずは身近なSNSやブログから~

大手のフリーペーパーへの掲載はもちろん大切ですが、よほど目を引く何かがなければ数ある飲食店の中に紛れてしまいます。
そこで思いついたのがSNSとブログです。SNSにもブログにもたくさんの情報があふれているので、定期的に観覧してくれる人がいるのか疑問に感じる人がいるかもしれませんが、続けることに意味があります。
お店の雰囲気を知ってもらうために店内やメニューの写真をアップし、新しいメニューを出す時には、そのメニューの特徴も伝えます。美味しいことをアピールするだけでは印象に残らないので、他にはないオリジナル感やこだわって選んだ食材についてアピールしました。
写真の印象も重要なポイントなので、どうしたらおいしそうに見えるか?人の目を引くのか?などの勉強も大切です。さらに、盛り付けにもこだわっているので、お客様の方から「SNSに写真をアップしても良いか?」と声をかけてくださることもあるのですが、そんな時はもちろん喜んで快諾します。
そこで、盛り付けにこだわることも、ある意味、宣伝活動の一部になるのだと知りました。

インスタ映えに着目したのはいいと思うわ!

アンナ先輩
アンナ先輩

~地域情報誌も重要!~

それから、発行部数は少なくても、地域の情報誌に掲載してもらうことも効果的な宣伝方法だったと思います。
周辺地域の人が目にするので、今まで来店する機会のなかったお客様も、親近感を持って来店してくれるようになるのです。お店の前を通りかかることはあるけれど、どんなお店か分からないのでお店に入る勇気がないという人も少なくありません。地域密着型の情報誌にお店の情報が掲載されていると、全く知らないお店よりも入りやすいと話してくれたお客様もいました。
より多くのお客様にお店をアピールするには、味だけでなく宣伝方法も重要なポイントのようです。

周辺地域のお客さんをGETしたら、リピート率が上がりますもんね!

さとし君
さとし君

~宣伝方法はお客さんから教えてもらう~

最初は宣伝方法も何をしたらよいのかさっぱりでしたが、お客様に何をみて来店されたか等を直接訊くうちに、効果的な宣伝方法が分かるようになりました。
いまは単に接客をしているというよりも、お客様に学ばせてもらっている、といった感じです。

マリオ教授
マリオ教授

素晴らしい経営姿勢だね。確かにお店というのはスタッフとお客さんによって徐々に成長していくというからね。

他のスタッフにもお客さんからのリクエストを積極的にキャッチアップするため、コミュニケーションをよくとってもらっています。

ゲスト
ゲスト

【経験者は語る】会社設立したあとにすべきグーグルへの申請とは?