1. HOME
  2. 会サポ!
  3. マリオ教授の起業ゼミナール
  4. みんなの起業ものがたり
  5. 【厳選】スタートアップからの1年間でめちゃくちゃ役にたったガジェット6選

【厳選】スタートアップからの1年間でめちゃくちゃ役にたったガジェット6選

マリオ教授
マリオ教授

今回はスタートアップの事業者にお勧めな便利グッズの紹介だ!

お昼のテレビショッピングですか・・?

さとし君
さとし君

スタートアップ時はお金があまりないから、あまり高いものは買えないわよね・・・

アンナ先輩
アンナ先輩
マリオ教授
マリオ教授
その通り!
だから今日は必要最低限のマストアイテムだけを紹介するよ!
他のグッズは社員の要望を聞いて、徐々に買い足していこう。
この記事を読んで分かること
  • 外回りの際に必須なモバイルバッテリー
  • プレゼンの成功率をあげるレーザーポインター
  • 大量の書類を持ち運ばなくて済む、ハンディスキャナー
  • 手が空いていないときに便利なヘッドセット
  • 相手に気軽にプレゼンができるパソコン機能付きタブレット
  • 出張先でもパリッとした印象を与えるハンディーアイロン
マリオ教授
マリオ教授

それでは、インタビューに協力してくれたTakuさん、簡単に自己紹介をお願いします。

Takuです。3年前に会社を設立したばっかりですが、色んなソフトやグッズを駆使することで、効率的に業務ができるように心がけています。

ゲスト
ゲスト
はじめに

起業してからの1年間、いわゆるスタートアップからの1年間は辛い日々の連続です。
様々な困難が待ち受けており、それを突破していくだけの力が必要になってきます。
自分の力も必要ですが、ガジェットがあなたの力になってくれるでしょう。
微力でははありますが、時間が効率的になったりするのは後々に響いてきます。
つまりは、塵も積もれば山となる、みたいな感じでしょうか。
筆者もスタートアップから必死に1年戦ってきて、これは役に立ったと言うガジェットがいくつかありますので、今回はそれを紹介していこうと思います。
ダラダラと紹介してもナンセンスなので、本当に買って良かったと思った6つに絞っていきますよ。
スタートアップ時はあんまりお金も使えませんからね。これだけに絞って買えばokです。

~モバイルバッテリー~

アマゾン「KYOKA モバイルバッテリー 軽量 12000mAh ケーブル内蔵」より

スタートアップと言えば、とにかく営業して顧客を獲得していかなければいけません。

いろんなところに出張したり、営業したりすることになるでしょう。

その時、役に立ってくれるのがモバイルバッテリーです。アポイントの電話をしたり、Messengerアプリで連絡を取ったり、メモ帳アプリでメモをした、りGoogle マップで取引先の場所を調べたり…。

こうなれば、いとも簡単にスマホのバッテリーがなくなってしまいます。

スマホがなくなると、取引先と全く連絡が取れなくなるなんてことも多いですし、パソコンを抱えたまま仕事をしている人はテザリングができなくなってしまったりするでしょう。

だからこそ大容量のモバイルバッテリーが必要になってきます。とりあえず4回分ぐらいできるバッテリーがいいかもしれませんね。

マリオ教授
マリオ教授
非常時だけでなくビジネス用にも必須だってことだね。
スマホと一緒に会社が支給しているところも多いよ。

~レーザーポインター~

アマゾン「ロジクール ポインター R800t ブラック 緑色レーザー」より

地味に役に立ってくれたのが、レーザーポインターです。

いったいどんな時に使うのかというと、取引先に対するプレゼンの時に使います。

自分で作った資料を取引先の会議室で見せるなんて事はスタートアップ時にはよくあることですが、レーザーポインターがあるかないかでは、成功率が全然違います。

これは自分の偏見かもしれませんが、決議権を持っている人ほどちょっと目が悪くなっているんですよね。

自分の指で刺したり、指示棒を使ったりしても一体、どこを指してるのか、よく見えていません。

それが原因で破談、、なんてことも。

だからこそ、レーザーポインタを使ってプレゼンをすると、相手に対する刺さり具合が全然変わってくるんですよね。

意外と安く手に入りますので、だまされたと思って手に入れて欲しいです。

学校でも確かにレーザーポインター使って発表している子のは分かりやすいです!

さとし君
さとし君

~ハンディスキャナー~

アマゾン「iscan01 コンパクトA4 OCR機能」より

なかなか役に立つのがハンディースキャナーです。

もらった書類をそのままため込んでおくと、バックやファイルがどんどん膨らんでいきます。

後から全部さばいていくこともできますが、意外と後回しになってしまい、肝心な時に「あの書類はどこに行った?!!」となってしまいがち。

そこでオススメなのがハンディースキャナーです。

簡単にバックに入る位、小型でありながら、しっかりと書類をスキャンしてくれるシロモノ。

画像ファイルにしてくれたり、PDFファイルにしてくれたりと八面六臂の活躍をしてくれます。

そのままSDカードに取り込んでくれるので、コンビニに行って印刷することも可能。

外回り中で社内作業仕事をする人には、とくに力になってくれますよ。なお価格が安いと言うのも地味に嬉しいところ。

手書きメモもタブレットでやればデータ化して保存できるし、荷物削減の方法はいっぱいあるわよ!

アンナ先輩
アンナ先輩

~ヘッドセット~

アマゾン「PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット」より

外回りする人は絶対必要になるのが、ヘッドセットですね。

スタートアップ時には取引先が増えれば増えるほど、いつ何時でも電話かかってきます。

運転しているときに携帯電話を触ると警察に捕まってしまいますので、どうしてもヘッドセットが欲しいところ。

後でかけ直すと言う時間の無駄を減らすことができますよ。

マリオ教授
マリオ教授

すぐに対応できるから取引先の印象もよくなるしね。

~11インチタブレット~

アマゾン「マイクロソフト Surface Go(サーフェス ゴー) 10インチ」より

パソコンを持ち歩くのは意外と面倒なもの。そこでパソコンの機能が付いたタブレットが役に立ってくれます。すきま時間に仕事ができて非常に良いですよ。

また、11インチタブレットにしておくと、プレゼンをするときに、画面を相手に見せながらプレゼンすることができます。

パソコンだと相手が持ち上げたりすることもできませんし、キーボードを押してしまうかもしれないと言う気遣いを生んでしまいます。

11インチタブレットであれば、そんな気遣いもなく、相手にプレゼンしたいことが刺さりすくなるので、非常に役に立ちますよ。

さとし君
さとし君

確かに都心のカフェだとパソコンではなく、iPad Proとかsurfaceで仕事している人が増えてきてます!

~ハンディアイロン~

アマゾン「コイズミ アイロン ポータブルスチームアイロン」より

出張先で役に立ってくれるのがハンディーアイロンです。いろんなところに移動すると、スーツがしわくちゃになってきます。

しわくちゃなスーツでウロウロ営業すると、がんばっている感が出て良いかもしれませんが、大手になればなるほど、しわくちゃのスーツでうろうろするのはNG。嫌う人は多くなってきます。

ハンディーアイロンをがあれば、さっとシワを取ることができるので、常に小ぎれいな状態で動くことができます。

お金をかけるべきガジェットは?

ここまでオススメのガジェットについて紹介してきました。どのガジェットもアマゾンや楽天を使えば、かなり安い金額で使うことができます。

安くても質は高いものばかりなので、基本的には1番安いものを買っても大丈夫です。ほんとに良い時代になりました。

ただ1つだけ注意しておきたいことがあります。

安いものを買ってしまうと「安物買いの銭失い」になりかねないガジェットが存在します。

それはヘッドセット。

安物を買ってしまうと、相手が何を言ってるか聞き取りにくくなりますし、向こう側も自分が何を言っているのか聞き取りにくくなります。

大事な話をしているときに「何て言ったか聞こえなかったので、もう一回言ってください」と話の腰を折ってしまいかねません。

筆者もこれで何度か痛い目に遭ってきたものです…。

ヘッドセットは数百円のものから売っていますが、そんなにケチらずに、最悪でも3000円位のものを買うようにしましょう。

https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/electronics/2146180051

以上「【厳選】スタートアップからの1年間でめちゃくちゃ役にたったガジェット6選」でした。

マリオ教授
マリオ教授

節約できるところは節約、でもかけるべき部分のお金はケチらないでいこう。
そうすると、働く従業員のストレスも改善されて、社内の空気も大分変るはずだよ。

積極的に従業員の意見を聞くことも重要です。
全てをかなえることは難しいですが、積極的に耳を傾けるだけで、風通しの良い会社になります。

ゲスト
ゲスト

資金調達方法