1. HOME
  2. ブログ
  3. マリオ教授の起業ゼミナール
  4. 資金調達方法

0120-449-148

受付:平日9時~19時

資金調達方法

マリオ教授
マリオ教授

資金の調達方法です。
最初、すべての資金を自分だけで準備するのは難しいため、多くの人が借り入れを行います。

日本政策金融公庫が調べたところによると、開業費用は600 万円~ 800万円が一番多く、次いで多いのが、400 万円~ 600 万円となっています。

近年はインターネットの発達により、自己資金が少なくても簡単に開業できるようになっていますが、それでも起業には相当な金額の資金が必要だと考えられます。
 日本には、いつかは自分の会社を持ちたいと考えている起業予備軍は100 万人以上存在しています。4人に3人は開業をしたいと考えながら、行動に移せないでいます。その原因の1位は「自己資金の不足」です。20代から30 代の若い会社員が自己資金で会社を作るとなると、資金が貯まるころには、せっかく思いついたアイデアがすでに輝きを失ってしまうことがほとんどです。

 起業をするためには、創業資金をひとりで準備するのをあきらめるのです。両親や親族に借りたり、支援者から援助を得たり、金融機関から創業融資を受けるのです。事業を行なう必然性と事業にかける強い思い、そしてなぜ儲かるのかというロジックがはっきりしていれば、創業資金を調達するのは難しくないのです。

 当然ですが、借りた資金は返済が必要です。投資した資金をどうやって効率的に回収するかという経済活動を繰り返して、大きな会社を育てていくのがビジネスです。起業とはリスクとリターンのシーソーゲームとも言えるのです。

Picture

STEP.1

調達した資金で資産を購入

STEP.1
Picture

STEP.2

収益増加

STEP.2
Picture

STEP.3

利益を確保、投資資金の回収

STEP.3
Picture

STEP.4

更なる投資

STEP.4
Picture

STEP.5

STEP.1へ戻る(投資規模を拡大して再びループする)

STEP.5
マリオ教授
マリオ教授

借り入れを行う場合は事業計画書の内容が非常に重要になります。
どんな人に読まれても分かりやすい事業計画書づくりを心がけましょう。

創業支援を受ける3ポイント
  • あなたの事業計画は、支援者が夢を描けるような惹きつける力はあるか
  • あなたに、起業を成功させるという強い覚悟はあるか
  • なぜその起業が成功するのか、論理が明確か

資金調達方法

一般的に、事業展開の資金の確保には7つの方法があります。

資金源方法
自分の貯金や資産出資する、会社に貸す
配偶者、両親、その他親族出資してもらう、借りる
友人・取引先・以前の勤め先等第三者出資してもらう、借りる
銀行・公庫等の金融機関借りる
国・地方公共団体補助金・助成金をもらう
ベンチャー・キャピタル・エンジェル投資家出資してもらう
自分の事業事業の儲けから捻出
 中小企業庁の統計では、4割の起業家が、配偶者や親族、友人、知人と
言った親しいネットワークからの出資金や借入金によって資金を確保して
います。ここに、以前の勤務先等非金融機関からの資金調達の割合を加え
ると8割にも上ります。

関連記事

目次>創業補助金

はじめに

第1章 起業するにはいくら必要?

第2章 創業資金を調達するには?

第3章 創業融資を受けるにはどうしたらいいの?

第4章 補助金ってどんなもの?

第5章 補助金の申請書はどう書くの?

第6章 事業計画書はどうやって作るの?