1. HOME
  2. ブログ
  3. マリオ教授の起業ゼミナール
  4. 副業入門
  5. Webライティングで初心者が稼ぐのは難しい?実は在宅副業の中で一番人気?

Webライティングで初心者が稼ぐのは難しい?実は在宅副業の中で一番人気?

Webライターって最近募集が多いけど実際どうなんだろう?

コンテンツを考えるのも大変そう、、

アンナ先輩
アンナ先輩
マリオ教授
マリオ教授
そうだね。記事の内容も専門的なものから、商品紹介のようなものまで幅広くあるよね。
この記事を読んで分かること
  • 初心者がWebライティングでより稼ぐ最短の方法
  • Webライティングで時給1,500円以上稼げるスキルアップ方法
  • Webライティングで稼げる人と稼げない人の違い
マリオ教授
マリオ教授

でもノートPCさえあれば、いつでもどこでも進められる副業向きのお仕事だとは言えるね。コンテンツを考えるのが好きで自由な働き方をしたい人にはとても良いかもしれないね。

Webライティングの評価
おすすめ度 (4.5/5)
収入 (3.5/5)
スキルアップ (5/5)
働きやすさ (4/5)
労働効率 (4/5)
安全度 (4/5)

スタバでドヤ顔して稼ぎたいです!

さとし君
さとし君
マリオ教授
マリオ教授

・・・・・・

それでは、インタビューに協力してくれたKAZさん

簡単に自己紹介をお願いします。

はい、私はフリーターです。現在はWebライティングをしてお金を稼いでいます
ゲスト
ゲスト
プロフィール

私がWebライティングをしようと思った理由は、誰でも簡単に稼ぐことができると思ったからです。特別なスキルを持っていなくても、始める前はアルバイト程度のお金であれば簡単に稼げると思っていました。しかし・・最初は中々厳しいものでした。今では時給2,000円以上稼げているので、めちゃくちゃ楽しいです!

Webライティングに向いている人

Webライティングと言うと文章を書くだけで簡単!と思う人もいるかも知れません。

実際は半分当たっていて、半分違います。

Webライティングは文字数が何文字以上と決められています。文字数が増えれば増えるほど全体の文章構成能力が問われ、難易度も上がります。

文字数を稼ぐために、間延びする意味のない文章を書く人はいつまで経っても時給1,000円以下ですが、文章の構成パターンを見つけられる人は直ぐにコツを掴んで高い時給で働くことが出来ます。

この記事を最後まで読めばそのパターンの見つけ方やクライアントに評価してもらえるライティング技術も身につける事が出来ます。

Webライティングとは

Webライティングの種類は、メディアコンテンツの作成、ECサイトの商品紹介文の作成、既存文章のリライト、口コミ、レビュー作成など様々です。

Webライティングの仕事はクラウドソーシングサイトを通して受注から納品まで行います。比較的案件を自由に選べるのはCroudWorksとランサーズの大手クラウドソーシングサイトです。

クラウドソーシングサイトの案件の中には、初心者でも簡単に出来る案件もあれば、難易度が高い案件もあります。

不思議なことにどちらも報酬はさほど変わらないです。

全く実績が無い場合は、安い仕事でも受ける必要がありますが、5個以上の良い評価とクライアントに提出できる成果物(自分がライティングしたWebページなど)があれば時給1,000円以上は比較的容易に稼ぐ事が出来ます。

Webライティングの発注者のほとんどはWebメディアを運営している法人で、ライティングされた文章はメディアコンテンツと呼ばれます。

メディアコンテンツとブログとの違い

メディアコンテンツ特徴は2つあります。

  1. 情報が主役
  2. 情報が整理されている

これがブログとの違いです。ブログは書いている本人が主役で中身は日記です。情報も整理されているわけではありません。

読み手はブログを書いている本人の情報を求めていますが、メディアコンテンツの場合は情報が主役です。

読み手は整理された情報を求めています。それは例えば比較した情報、やり方、買い方など様々です。

ですので、情報が整理されていない文章では評価されません。よって時給も上がりません。

Webライティングの始め方

Webライティングは、クラウドソーシングサイトCroudWorksやランサーズに登録することで、直ぐに始めることができます。

と言っても実績のない最初は中々受注できないかも知れません。

Webライティング案件を受注出来ない人へ具体的な対策方法を伝授する

クラウドソーシングで受注するコツを伝授します。クライアントに伝える情報は下記の通りです。

  1. 自己紹介と自己PR
  2. なぜ応募したのか&専門性があるアピール
  3. 実績アピール
  4. レスポンス早い

これらの内容を自然に伝える事が重要です。具体例を出してみましょう。

例文

初めまして、東京で大学生をしているKAZと申します。

(案件名)を募集を拝見し、お役に立てると思い応募させて頂きました。

普段は、都内スタートアップの〇〇と言うWebメディアで専属ライターとして働いています。下記は私が執筆した記事になります。ご覧頂ければ幸いです。

(URLを書く)

今回は全くジャンルが違うのですが、大学の専攻が〇〇で、特に〇〇に関しては、卒論のテーマだったのでとても詳しく書く事が出来ます。

平日は10時〜22時の間であればいつでも返信可能です。

最後に下記質問となります。

・執筆にルールがまとめられたマニュアルはありますでしょうか?

何卒、よろしくお願い致します。

実績がない人でもこう書けばほぼ受注できると思います。
ゲスト
ゲスト
注意
  1. 長すぎる文章はほとんど読まれない
  2. 嘘くさい文章はNG(大げさな実績アピールなど)

大前提として、募集内容をちゃんと読む事が大切です。

文末に質問を添えると、きちんと募集内容を読んでいるということを示すことができるのでお勧めです。
ゲスト
ゲスト

Webライティングの副業おすすめのサイト3選

取り敢えず全部登録しておきましょう!
ゲスト
ゲスト

CroudWorks(クラウドワークス)

Crowdworks(クラウドワークス)は副業サイトの代表格です。面接なども必要ないので、登録して定期的にチェックすることをおすすめします。

サグーワークス

在宅ワークのサグーワークスは、場所や時間を選ばず自分のライフスタイルに合わせて、文章を書いて報酬を獲得できる記事作成サービスです。

ランサーズ

https://www.lancers.jp/

Webライティングで必要なもの

Webライティングで必要なものをまとめました。

  1. ノートパソコン
  2. ネット環境
  3. Spotify
マリオ教授
マリオ教授
Spotify・・・
気分転換用です。
ゲスト
ゲスト

Webライティング上達の極意

Webライティングは慣れれば本当に楽に稼げます。Webライティングの書き方をレクチャーします。

Picture

敵を知れ

まずは競合分析です。テーマに合ったキーワードで検索して上位表示される記事を分析しましょう。記事がどのような見出しで構成されているかを徹底的に分析して下さい。

STEP.1
Picture

見出しを決める

ここが一番大切です。見出しが命です。ここでほぼ決まります。キーワードとターゲット選定が最も頭を使います。本文は調べながら無心で書く事が出来ますが、見出しに関しては本当に苦労します。この記事もそうですが大体見出しは10個以上になると思います。 

STEP.2
Picture

本文を書く

正直ここはあんまり考える事がありません。見出しに沿って書くだけなので

STEP.3

読まれる見出しの書き方4つのポイント

良い文章にはオリジナリティとストーリーが必ず含まれています。見出しには必ず検索する時に含まれる検索キーワードを盛り込みます。

見出しの作り方のコツは下記の通りです。

  • 具体的な数字を入れる
  • 疑問形で投げ掛ける
  • 誰に向けた記事なのか明確にする
  • 課題解決方法を提示する

具体的な数字を入れる

適当なライティングのほとんどは数字が含まれていません。

何故なら、適当に調べて書いているからです。実際に自分の専門分野で体験を通した文章には必ず数字が含まれています。

それは自信があるからです。「これだけやったら、こう言う結果が出た」と言い切る事で読み手を納得させる事が出来ます。

このWebライティングの記事は副業初心者の方に向けて執筆しており、実際にWebライティングは在宅副業の中で一番人気で、かなり効率的に稼げます。

下記は実際にアンケートで集めたデータをまとめたものになります。

このように在宅副業で稼ぐ人の多くはWebライティングで稼いでいます。稼げない人も多いですが、それはこの記事のようなレベルでライティング出来ない人達です。

この記事レベルで書ければ時給2,000円ぐらいは稼げます。

ライティングは営業2.0です。

疑問形で投げ掛ける

?を見出しで使うと読み手の注意を一気に集める事が出来ます。

検索する人は課題を解決する為に検索をします。自分と同じ悩みや課題を持っている人が解決した方法やストーリーを求めています。

実際この記事でも使っています。

「Webライティングで初心者が稼ぐのは難しい?実は在宅副業の中で一番人気でかなりおすすめ!」

誰に向けた記事なのか明確にする

これも非常に大切です。例えばWebライティングの記事でも副業をする人向けの記事と発注する人に向けた記事では全く内容が違います。

一目で自分が求めている記事かどうかが分かるように工夫しましょう

因みには発注者向けのタイトルは下記のようなタイトルになると思います。

「Webライティングを発注する一番おすすめの方法は?実際に5社に8通りの方法で試してみた。」

課題解決方法を提示する

この記事では下記の見出しがそれにあたります。

Webライティング案件を受注出来ない人へ具体的な対策方法を伝授する

この記事では具体的な例文を提示し解決する方法も提示しています。

Webライティングの副業体験談

最初のころは当然実績がなく、提案の仕方も分からなかったので、提案が全く通りませんでした。

しかし、色々工夫する事で今では時給換算で2000円以上稼げています。この記事も時給換算で2,000円以上でした!

Webライティングであれば初心者であれば月3万円ぐらいは無理なく稼げますし、一生懸命頑張ってスキルを上げれば月10万円以上簡単に稼げます。

今ではWebライティングのスキルやノウハウを活かして仕事をしています。

詳しくはこちらです。

現在は複数のサイトを運営しています。

副業としてWebライティングするメリット

Webライティングは特別なスキルが無くても取り敢えず始める事が出来ます。

副業をする上で必要なものはパソコンとネット環境だけなので、特別な投資は必要ありません。

強いて言うなら、一冊ぐらい本を買って勉強した方が良いと思います。私はこれを買いました。

更に時間も場所も選ばずに仕事が出来るので、飲食店のアルバイトをするよりも遥かに効率的に稼げて、自分のスキルを伸ばす事が出来ます。

Webライティングのデメリット

デメリットはほとんどないと言っても過言ではないのですが、あげるとすれば、最初だけ案件の単価が安いことです。

経験者や巧みな文章を書く人であれば、1文字3円以上のような好条件が提示されるのですが、初心者だと1文字1円未満はざらです。

小さな案件の実績を積み上げていけば好条件のライティング案件を直接企業から依頼されるようになります。それまで頑張りましょう!

大体20件ぐらい実績があればOKです。

Webライティングに向いている人

「僕でも簡単に稼ぐことができるかもしれない!」と感じた方もおられるのではないでしょうか。しかし、何事にも向き不向きがあります。それはWebライティングも例外ではありません。

Webライティングは、クライアントからの指示通りに文字を書かなくてはいけないため、しっかりとクライアントの指示通りに書ける人でないと仕事になりません。
クライアント、ユーザーが何を求めているのかきちんと掴めるよう、より切磋琢磨しましょう。

Webライティングより良さそうなもの

Webライティングより稼げる副業といえばやはりプログラミングです。

単価は一案件で5万円から50万円ぐらいと幅があります。学習期間がWebライティングより長いですが、一気に稼ぎたい人にお進めの副業です。

会社設立と個人事業主どちらがお得?会社設立のメリットとデメリット