1. HOME
  2. ブログ
  3. マリオ教授の起業ゼミナール
  4. 輸出ビジネスの副業って難しい?英語が苦手でも簡単に出来る方法

輸出ビジネスの副業って難しい?英語が苦手でも簡単に出来る方法

マリオ教授
マリオ教授

今回の副業は輸出ビジネスについてだ

輸出ビジネスて、そもそも個人が副業としてやっていけるものなのかしら?

アンナ先輩
アンナ先輩
マリオ教授
マリオ教授

確かに初心者が急に始めようと思ってもなかなかうまくいくものではないかもしれない。

でもいくつかの注意点にのっとってやれば、きちんと利益を出せるんだ。

輸出ビジネスの評価





おすすめ度(2.5/5)
収入(4/5)
スキルアップ(3/5)
働きやすさ(3/5)
労働効率(3/5)
安全度(4/5)

マリオ教授
マリオ教授
インタビューに協力してくれたOさん

簡単に自己紹介をお願いします。

アフィリエイターです。
ゲスト
ゲスト
プロフィール
アフィリエイトの収益が頭打ちになったので、輸出ビジネスに手を出してみました。輸出ビジネスと聞くと難しいというイメージが先行しますが、アマゾンを使えば簡単に出来ます。

日本製の商品は、質が高いことから海外の人たちから絶大な人気を誇っているため、まだまだ稼ぐチャンスがあるビジネスともいえます。

そこで、今回は、輸出ビジネスをこれから始めたい人のために、方法や注意点などを詳しく解説していきます。

輸出ビジネスとは

そもそも、輸出ビジネスとは何なのかということからですが、その名の通り、海外で需要のある日本製品を輸出販売するというビジネスモデルです。

日本製の商品は、高い技術を駆使して作られていることが多いため、手に入れたいと思う外国人が多くいます。

そこで、日本でしか販売されていない日本製の商品を輸出することで、お金を稼ぐことが出来ます。ここで大事になるのが、日本でしか販売されていない商品であるということです。

いくら日本製のだといっても、海外で販売されている商品であれば、外国人もわざわざ輸入してまで買おうとは思わない場合が多いです。

そのため、輸出ビジネスでは徹底的なリサーチが大事になるのです。

輸出ビジネスは稼げるのか

輸出ビジネスは本当に稼げるのかという疑問を持っている人もいます。

確かに新規参入者は年々増えています。

しかし、輸出ビジネスは国内の人たちをターゲットにするわけではなく、全世界72億人をターゲットとするため、新規参入者が少し増えたくらいでは飽和するビジネスではありません。

このように、市場規模が大きいため、まだまだ個人でも輸出ビジネスで成功するチャンスはあるのです。

また、円高や円安に左右されてしまうのでは、と考える人もいますが、それはあまり関係ないと言えます。

というのも、日本製の商品を欲しがる外国人は、値段よりも質を重視する傾向があるため、多少値段の変動があっても、日本の商品を買うためなら気にしないという人が多い傾向にあるからです。

輸出ビジネスの始め方

では、個人輸出ビジネスを始めるには一体どうしたらいいのでしょうか

輸出ビジネスの場合は、お客さんが外国人であるため、その国の言語を話せないと取引にならないことが多いです。

また、商品を国内ではなく海外に発送する必要が出てくるため、全くの初心者の場合だと、少しハードルが高くなってしまいます。

そこで、輸出ビジネス初心者が、初めに挑戦するのであればアマゾン輸出ビジネスがおすすめです。

アマゾン輸出

アマゾン輸出ビジネスとは、日本の製品を海外のアマゾンで販売するというやり方です。

アマゾン輸出ビジネスであれば、翻訳機能などを使うことができるため、その国の言語を話せなくても問題ありません。

具体的な流れとしては、まずは商品をリサーチすることから始めます。

どのような商品に需要があり、その商品が海外でどれくらいの価格で取引されているのかということを徹底的に調べる必要があります。

ここを適当にしてしまうと、売れたはいいけど、手数料や送料を取られてしまったためにそこまで利益が出なかったという事態を招きかねません。

輸出ビジネスのコツ

商品をリサーチする方法は、自分で一つ一つ調べていくということも一つの手ですが、ツールなどを使うことで、効率的に売れ筋の商品を調べることができます。

ただし、売れ筋の商品を調べるツールを使っているのは自分だけではないということを忘れてはいけません。

どういうことかというと、ツールで発見した売れ筋の商品は、すでに誰かが販売している可能性が高いということです。

そうなってしまうと、価格競争が起こってしまうこともあり、思うように利益が出ないこともあります。

そうならないためにも、ツールだけに頼るのではなく、自分でリサーチをして売れそうな商品を探していくことが大事になってきます。

輸出ビジネスの仕入れ

売れそうな商品が見つかったら、仕入れを行います。

多くの人がネットショップや店舗などから仕入れていますが、輸出ビジネスで儲けを出している人の中には、メーカーや卸業者と直接取引をしている人もいます。

メーカーや卸業者と直接取引をすることができるようになれば、ネットショップや店舗で仕入れるよりも安い値段で仕入れることができる場合もあります。

輸出ビジネスの販売

仕入れが終わったらいよいよ販売をしていきます。

販売した商品が売れた場合には、もちろん発送を行う必要があります。

しかし、先ほども説明したように、海外に発送をするということは初心者にとってハードルが高いです。

アマゾン輸出ビジネスの良い所は、FBA(フルフィルメント)サービスを利用することができるということです。

FBAとは、わかりやすく言うと、仕入れた商品をアマゾンの倉庫で保管し、売れた場合には、梱包から発送までを一括して行ってくれるサービスです。

これを利用すると自分で発送を行わなくても、アマゾンが全て行ってくれるため、初心者には非常にありがたいシステムです。

ただし、利用料金がかかってしまうのが嫌だという人は、自分で発送をすることも一つの方法です。

アマゾン輸出ビジネス注意点

アマゾン輸出ビジネスを行う時に、注意しなければならないことがいくつかあります。まずは、そもそも日本から輸出してはいけないものがあることを把握しておくということです。

この知識を身に着けておかなければ、最悪の場合法律を犯すということにもなりかねません。また、輸出自体はできても、申請が必要なものもあるため、あらかじめ調べておく必要があります。

アマゾンの規約を確認

更に、アマゾンの規約として輸出してはいけないものもいくつかあります。

国内で販売するのと違い、輸出をする場合は様々な規制が絡んできますので、正しい知識を身につけておくことが前提条件となります。

在庫のリスク

他にも、初心者の場合は最初は商品が売れないという事態が発生してしまうこともあります。なぜかというと評価が全くない状態だからです。

アマゾンの場合、購入者が販売者を評価することができ、この評価が高いと購入者も安心して買うことができます。

しかし、評価が付いていない販売者は、警戒されてしまう場合もあり、中々商品が売れない場合も考えられます。

発注ミス

これは初心者に限った話ではありませんが、仕入れる商品を間違えているというケースもあります。海外で需要のない商品を仕入れてしまった場合、当然売れにくくなってしまいます。

そうなってしまうと、不良在庫となってしまい、その分だけ赤字になってしまいます。

その商品が1個や2個など、少数である場合はそこまでダメージはありませんが、大量に仕入れてしまっていた場合は、大きな損失となります。

冒頭でリサーチは徹底的に行うことが大事と説明しましたが、リサーチを怠ってしまうとこのようなことになってしまうこともあるのです。

収益率をしっかりと計算する

更に、計算をしっかりと行うということも初心者には重要なポイントとなります。

例えば、仕入れ代金はいくらで、送料はいくらで、手数料はいくらというように、販売するにあたって掛かってくる経費を計算するということです。

この計算をしっかりと行わなければ、売れても最終的に赤字になってしまったということに繋がってしまいます。

その商品が売れたら、いくら手数料や送料がかかって、いくら利益が出るのかということをシュミレーションしておくことをおすすめします。

このように、輸出ビジネスは正しい知識とやり方を覚えれば、副業としても本業としても稼げるビジネスですが、注意することもたくさんあります。

輸出ビジネスを始めたいと考えている人がいるのであれば、まずは輸出に関する基本的な知識を身に着けることをおすすめします。

会社設立と個人事業主どちらがお得?会社設立のメリットとデメリット