1. HOME
  2. ブログ
  3. マリオ教授の起業ゼミナール
  4. 子供の頃からの趣味だったプラモデル製作を副業に活かそうと試みた体験について

0120-449-148

受付:平日9時~19時

子供の頃からの趣味だったプラモデル製作を副業に活かそうと試みた体験について

マリオ教授
マリオ教授

今回は、かつて工作少年だった人には必見のプラモデル制作のお仕事についてだ。

お、面白そう!

でもそんなお仕事、ほんとに需要があるんですか?

さとし君
さとし君
マリオ教授
マリオ教授

そんな風に思っている人にこそ読んでもらいたい。

自分の秘められた特技を必要としてくれる人は意外といるのだよ。

Tさん、自己紹介お願いします。

Tです。

普段は普通の会社員として働いています。

ゲスト
ゲスト
プラモデル制作業務の評価





おすすめ度(3/5)
収入(3/5)
スキルアップ(5/5)
働きやすさ(3/5)
労働効率(2/5)
安全度(4/5)

仕事の給料が安く、毎月の暮らしが金銭的に厳しい状態が続いていることから収入を増やす方法を考えていました。巷に溢れているアルバイト情報を比較したこともありましたが、勤務地や移動距離、拘束時間など様々な理由で仕事の掛け持ちは困難であることを知りました。時間を割いて仕事を増やすのは疲れが溜まったり私生活の時間が削られるなどの理由で現実的では無いと、過去に仕事を掛け持ちした経験を持つ友人からの助言があったのもアルバイト探しを断念した理由の一つです。空き時間を自由に使いながら収入を増やす方法を模索していましたが、最初のうちは何をどうすれば良いのかわからず、却って時間を無駄にしてしまったことは否定出来ません。やはり睡眠時間を削ってでもアルバイトに就くべきかと迷っていた時、たまたま閲覧していたニュースサイトでプラモデル製作を代行する副業の存在を知りました。

プラモデル製作は多忙であったり手先が不器用な人に代わって、指定されたプラモデルの組み立てや塗装を行う代行ビジネスですが、そのような行為が仕事として成り立っていることに驚きました。プラモデルは子供のおもちゃという認識があったのが理由ですが、改めて考えればプラモデル作りはインドアな趣味として広く普及しているので成人でも好んで行う人が多いのは納得出来ました。また、お金に余裕はあるものの作る時間が無いという、仕事に就いている人ならではの悩みに対応出来るのがプラモデル製作の代行ビジネスの本質だと理解出来たことから、これこそが自分が探し求めていた理想の副業であると確信するに至りました。子供の頃はプラモデル作りが趣味だったこともあり、経験を副業に活かせる代行ビジネスはとても魅力的に感じられたのを今でも覚えています。また、自宅で作業が出来る点も他のアルバイトには無いメリットと考え、さっそく自分もプラモデル製作を副業として始めることを決めました。

しかし、いざプラモデル製作の代行ビジネスを始めようとしても、そのとっかかりが分からずに困ってしまいました。当時の私はインターネットをニュースサイトや天気予報を見るために利用していましたが、ブログやツイッターなど自分で情報を発信する手段を持っていなかったので宣伝の必要性にまで頭が回らなかったのを覚えています。地域の掲示板に宣伝文を書き込めば良いのかと思って確認しても個人情報を無暗に拡散する行為に該当することが分かり、断念しました。どうやって宣伝したら良いのかが分からずに困っていた矢先、在宅で出来るライティングなどの仕事を仲介しているサイトを知りました。個人業務を対象にした掲示板があったので覗いてみると、既にプラモデル製作の代行を受け付けている書き込みを複数確認出来たので、ここなら宣伝が出来ると考えて利用してみました。予め完成させたプラモデルの画像をサンプルとして添付したのが効いたのか、初めての書き込みにも関わらず数日でプラモデル製作代行の依頼が来たことに驚いたのを今でも覚えています。製作代行は未経験であることを伝えてもそれを承知で依頼してくれたことに感激し、張り切って作ろうと意気込みました。しかし、実際に他人のためにプラモデルを作ることがとても大変であると改めて思い知らされる結果になってしまいました。

プラモデル作りは自分のために楽しむにはとても面白い趣味ですが、それを収入を得るための副業として成立させるためにはとても神経を使い、心身共に疲れてしまうことを実感する羽目になりました。最初の代行依頼は35分の1スケールの戦車のプラモデルが対象でしたが、依頼を受けた当初は自分が最も多く作っていたサイズのプラモデルだったこともあり、すぐに完成出来ると無意識のうちにたかをくくっていたかもしれません。自分の趣味として作るのであればマイペースで作業を進めることが出来ますが、代行の場合はそうもいかず、依頼者が指定した納期を厳守しなければいけない事を今になってようやく自覚する有り様でした。私が子供の頃に作っていたプラモデルと比べて部品ひとつひとつの作りが精密なことから、組み立て作業はより慎重に行う必要がありました。また、塗装についてはわずかでもミスがあってはいけないので、塗料や塗装道具の扱い方にも気を配りました。作業に必要な道具一式を用意するのに思った以上の金額を要したのも誤算の一つでしたが、最初の仕事から失敗してはいけないと危機感を抱き、本業以上に必死になって取り組みました。部品の組み立ての際にはやすりがけや接着剤の量の調節に気を配り、塗装も重ね塗りや汚し加工などリアルな質感を演出するために工夫を凝らしました。子供の頃の経験はあまり役に立たず、改めてプラモデル作りの技術を勉強する必要があったのも当初の見立てとは違った点でしたが、参考書やプラモデル製作の動画を資料として活用することでようやく初めての製作代行を納期通りに終わらせることが出来ました。

初めての仕事がなんとか成功したことが自身に繋がり、更にプラモデル製作の代行を受け付けました。それに併せて改めてプラモデル製作を勉強する必要性を感じたのも事実です。私が子供の頃は部品を説明書に従って組み立ててから塗料をベタ塗りしてお終いでしたが、現在は本物をそのまま縮めたかのようなリアルな質感が求められるのが常識になっていることを改めて思い知らされました。特に塗装技術は昔とは比べ物にならない程に進歩しているのが非常に驚いた点です。プラモデルでありながら金属や木材などの質感を完全に再現出来る技法があることを初めて知った他、使用する道具類も緻密な作業に適した高級品が幾つも販売されていることも製作代行を副業として行うようになってから初めて知った事実です。塗料の種類も豊富で、成分によって仕上がりに違いがあることも改めて知りました。当初の考えが甘く、軽い気持ちで副業にしようとしていたことを初めての仕事で理解出来たのは幸運だったかもしれません。プラモデルというおもちゃが対象であっても、製作代行をビジネスとして成立させるのは一般の仕事と変わらないことを自覚出来たことは良い経験になりました。

現在でもプラモデル製作の代行を副業として行っていますが、少なくとも片手間に出来るお手軽な仕事では無いと断言出来ます。プラモデル作りが楽しいのはあくまで自分の趣味として行うことが前提であり、他人の代行で作るのは職人が依頼を受けて製品を作るのと変わりません。仕上がりが悪ければ仕事として成立せず、納期を守らなければ社会的な信用を失墜します。また、依頼者が抱くイメージに沿って仕上げる必要があることもプラモデル製作の代行が難しい理由の一つです。単に手先が器用でプラモデル作りが好きというだけでは収入を得られる副業として続けるのは難しいと思います。また、他者とのコミュニケーション能力が求められるのである程度の社会経験が必要である他、場合によっては理不尽なクレームをぶつけられることもあるので、トラブル処理の能力も必要です。利益を得るためには赤字にならないことが必須なので、製作代行の依頼金額を妥協してはいけません。プラモデル製作の代行は遊びの延長ではなく、金銭が絡むことで社会的な責任が生じる立派なビジネスであることを自覚するのが副業として成立させるための重要な条件であると言えます。

関連記事