1. HOME
  2. ブログ
  3. マリオ教授の起業ゼミナール
  4. 日本政策金融公庫の融資と銀行の融資の違い

0120-449-148

受付:平日9時~19時

日本政策金融公庫の融資と銀行の融資の違い

マリオ教授
マリオ教授

日本政策金融公庫の融資と銀行の融資の違いについて説明します。

日本政策金融公庫の融資と銀行の融資の違い

①新創業融資制度

 ・ 担保の差し入れ、連帯保証人の署名が不要。担保を差し入れることなく最大3,000万円までの融資枠が持てます。経営者本人の連帯保証人としての署名も不要です。

②都道府県制度資金

・金利が低い

 借り入れ金の利息の一部を自治体が負担する利子供給制度や、信用保証協会の保証料の一部を自治体が負担する信用保証料補助制度が用意されていることが多いため、借主の利息負担が減ります。

・基本的に連帯保証人の署名が必要

 経営者本人が会社の連帯保証人になるのが一般的です。

融資比較
取り扱い先資金名限度額利率(年)貸付期間上限据置期間上限信用保証料

日本政策金融公庫
新創業融資7200万円
(うち運転資金4800万円)
2.65%程度
企業によって異なる
設備資金20年
運転資金7年
2年間無し

銀行
都道府県市町村制度資金3000万円
(うち運転資金
1500万円)
1.1%設備資金10年
運転資金5年
1年間自己負担
0.44%以内
※据置期間
… 元金の返済をせずに毎月金利のみを支払う期間のことです。融資を借りた翌月から返済を開始するのではなく、起業後資金繰りが安定してから支払い開始にできるのです。注意が必要なのは、据置期間があると毎月の元金返済額が通常返済時より多くなります。

(例)借入金額600万円、借入期間5年(60ヶ月)毎月返済額
返済期間通常返済10ヶ月の据置有り
返済期間~10ヶ月間元金10万円+利息元金0円+利息
11ヶ月~最終回元金10万円+利息元金12万円+利息

①と②最初はどちらに申し込むべき?

 まずは②の制度融資を申し込むといいでしょう。なぜなら、金利も安く、信用保証料の優遇制度を受けることができるため、総支払金額が①よりも少なくて済むからです。
 ただ、日本政策金融公庫に比べると、一般的に民間金融機関のほうが対応は厳しい傾向にあります。

マリオ教授
マリオ教授

融資は事業計画書が肝になります。
税理士とよく相談しながら作るとよいでしょう。

関連記事

目次>創業補助金

はじめに

第1章 起業するにはいくら必要?

第2章 創業資金を調達するには?

第3章 創業融資を受けるにはどうしたらいいの?

第4章 補助金ってどんなもの?

第5章 補助金の申請書はどう書くの?

第6章 事業計画書はどうやって作るの?