1. HOME
  2. ブログ
  3. マリオ教授の起業ゼミナール
  4. きろくをつける

0120-449-148

受付:平日9時~19時

きろくをつける

マリオ教授
マリオ教授

会計記録をつけることも重要です。最近では事務所に頼むのではなく、会計ソフトを自分達で用いる会社も増えてきました。

きろくをつける

お金で困る会社にならないためには、お金の流れを把握することが必要不可欠です。そのためには、お金の記録をつけることが重要となります。
正確に現状の資金状況を把握していないと、会社の経営判断を誤ったり、資金手当てが支払日の直前になり、資金繰りに追われる会社になってしまいます。

・会計ソフトを活用する

会計ソフトを使えば簡単に帳簿を作成できます。領収書や通帳等のデータを入力して決算書を作成するという帳簿作成が行なえます。会計ソフトを選ぶ基準は、IT の知識及び簿記の知識があるかどうか、会計事務所に顧問依頼をする場合は会計事務所とやり取りができるかが重要です。会計ソフトは値段が高いからと言って操作性がよいとは限りません。機能性や拡張性の違いが値段に反映しているため、会計ソフトを税金計算のみに利用するか、それともより詳しいデータで経営分析に利用するかによって、選ぶ会計ソフトの機能が異なります。
ほとんどのソフト会社が、期間限定でインターネットから無料版をダウンロードすることが出来ます。実際に体験して選ぶのがいいでしょう。

マリオ教授
マリオ教授

会計ソフト以外にもビジネスに用いることができすソフトやアプリはたくさんあります。
無料体験版で色々とためしてみましょう。

関連記事

目次>創業補助金

はじめに

第1章 起業するにはいくら必要?

第2章 創業資金を調達するには?

第3章 創業融資を受けるにはどうしたらいいの?

第4章 補助金ってどんなもの?

第5章 補助金の申請書はどう書くの?

第6章 事業計画書はどうやって作るの?